建築家との家作り「駐車場のない家」2011-2012

30代夫婦か紆余曲折のすえ、東京都で建築家と家作り。2012年12月に竣工。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
オープンハウス「立体土間の家」という名前の家
家が建った後もたまに建築家さんのオープンハウスに参加させてもらってます。

最近、お邪魔させて頂いた中で一番印象に残ったのが「立体土間の家」だったんですが、この家の写真が建築家HPのNEWSにupされてました。

こちら
立体土間の家
878945651467651461.png
空撮写真はドローンかな?

正面から見るとただの四角い箱に見えるのですが、家の中に入ると想像できなかった空間の出現に驚きます。

外箱の中には少しずれたもう一つの内箱があり、ずれて生まれる空間を大きな土間+採光として使っています。

そして2階にも大きな室内テラスがあって蛍光灯なしでとにかく明るいのです。



オープンハウスに行けなかった家もあるので、worksの更新を早くお願いしたいですねー。
建築家のブログ
GEN INOUE

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
外壁(チャンフータ)の塗装 3回目
住み始めて3年半。

早いですねー。

外壁の一部に木材を使っているので定期的に塗装をしています。

ただ、毎年ピニー色を薄めたものを塗っていたら、チャンフータの特徴だった色のムラが無くなってしまいました。

なので、今年は思いきって、複数の色をのせることに挑戦!

使ったのは

キシラデコール
ピニー(黄色系)
パリサンダ(緑茶系)
マボガニ(赤系)

この三色を組み合わせて4色を作り、色のない「やすらぎ」でだいたい半分に希釈。

そして、塗装をするわけなんですが、

木を一枚一枚塗り分けるのが、想像以上に大変!

会社を休んで一日で仕上げるはずが、2日間かかってしまいました。

でも、なかなか満足のできになりました。

DSCF19jg45679.jpg

手前のネットには緑のカーテンを養生中。

ことしは初めてパッションフルーツに挑戦中。

おいしい実がなりますように。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

建築家のブログ
GEN INOUE
ホームページのリニューアル
我が家を設計して下さった設計事務所のHPが今日リニューアルしてます。

最近worksが見にくかったのですが、とても綺麗に見やすくなりました。

そして、今まで公開されていなかったシェアハウスや、ショップの設計実例も初めて紹介されてます。

このシェアハウス、リゾートホテルみたいで、すごく魅力的です。どんな生活が出来るんだろうかと想像が膨らみます。

ホームページはこちら。
GEN INOUEのHP

そうそう、我が家の名前が「ゾーンスキップフロアの家」と改名されて、worksに新しい写真も加わってました。


そして、最近の有吉ゼミで坂上さんが訪れた あの家も紹介されてますよ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



WEBオープンハウス 多目的室(4)狭い部屋を広くする工夫
多目的室の前記事。
WEBオープンハウス アイデア詰まった多目的室(1)
WEBオープンハウス 多目的室(2)新たなロールスクリーンの使用方法
WEBオープンハウス 多目的室(3)全体の素材使い

我が家の述べ床は87m2しかありませんので、広く見せる工夫、広く使う工夫が随所にあります。
その一つを紹介したい思います。

多目的室の左側にある引き戸つきの収納。半分は本、半分は細々とした雑貨が入ってます。
DSCF21648786457.jpg
本棚の下をあえて少し空けています。

多目的室はお客さんが泊まることを想定しいるので、シングル布団が2~3枚引けることが必要です。

しかし、全面に本棚を設置すると布団を横向きに敷くことができなくなり、1枚しか敷けません。

そこで、下の部分を空けて、横向きに布団が敷けるようになるというわけです。

狭小地には一般的な手法かもしれないですね。




もう一つは、家全体を広く見せるドアの工夫です。

前の記事でも書きましたが、この多目的室は普段はドアを開けたままにしてリビングからつながる1つの空間として使用しています。
DSCF21645456.jpg
そこで、空けている時にドアを目立たなくするために「引き込み戸」してもらってます。

ドアの向こうに板1枚ですが、ドアの存在を感じなくなるから不思議です。

ちなみに、壁の少ないこの部屋において、将来的にエアコンを設置するための工夫でもあります。

この板を壁にして天井付近にエアコンが設置できるようにしてあります。




多目的室の紹介は後1回続く予定です。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



建築家のブログ
GEN INOUE
WEBオープンハウス 多目的室(3)全体の素材使い
多目的室の前記事。
WEBオープンハウス アイデア詰まった多目的室(1)
WEBオープンハウス 多目的室(2)新たなロールスクリーンの使用方法

今回は多目的室に使われている素材について紹介したいと思います。

DSCF2153-3857984.jpg
入り口戸と本棚の戸
左側にあるのは引き戸の付いた本棚です。見せる収納は得意ではないということで、扉を付けてもらいました。
部屋入り口の引き戸と、この本棚の戸は同じ素材で柾目の木の突板(表面に薄い木を張った木材)で、空間に合うように木の自然な色になってます。

床材
床材はサイザル麻です。妻の希望で畳の部屋が欲しかったんですが、家の雰囲気に合うようなモダンな畳は非常に高価だったので、代替案として井上さんに提案して頂きました。
DSCF8074564321.jpg
ざっくりとした肌触りが気持ち良く、とても気に入っている床材です。
メーカーはIOCという、住宅建材に詳しくない人には聞き慣れないメーカーですが、高品質なフローリング材を取り扱っていて、フローリングもお勧めです。


納戸収納
多目的室の右側にあるのが大型の床下収納です。この納戸はリビングの床下にあって室内から外部まで一周をぐるりと杉材で覆ってオスモカラーの黒で塗装しました。
1階からみるとこんな感じで、名実ともに家の中心にある黒いBOXです。空間のアクセントになっています。
IMG_02958765467.jpg


天井の白、杉板の黒、サイザル麻のベージュ、引き戸の木と適度に素材感のある空間になってます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



建築家のブログ
GEN INOUE
インテリアになる素敵な植木鉢の探し方
多目的室の紹介は1回お休みして、インテリアの話です。

最近、植物を増やしていませんが、その代わりに鉢にはまっていて、インテリアショップ行くと鉢ばかり見ています。

そんな中、近所にできたばかりの小さなお花屋さんで、鉢の相談をしていたら出てきたカタログを見てビックリ!!
8794654651321654.jpg
右のカタログ。「KONTON
株式会社ヤマテーという会社です。

カタログを開けると、有名セレクトショップで見覚えのある鉢がいっぱい!みんなKONTONの鉢だったんですねー。

webカタログから気になる鉢を少し抜粋するだけでもこのセンスの良さ。

どの実例も素敵です。
2132154654654321.jpg


2132132164.jpg


45654987986.jpg


546548798465.jpg


3216549863852.jpg

カタログを見ながら植物と鉢の組み合わせを考えるのが楽しいです。

鉢を探している方は是非一度WEBカタログを見てみてください。

お気に入りがあれば最寄のお花屋さんで注文できると思います。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



建築家のブログ
GEN INOUE
WEBオープンハウス 多目的室(2)新たなロールスクリーンの使用方法
WEBオープンハウス アイデア詰まった多目的室(1)のつづきです。

この多目的室は両親や友達が遊びに来た時の客間にもなります。

リビングとはガラスで区切られているだけで、このままでは丸見えになってしまいます。
DSCF21598798765468798794.jpg
多目的室の入り口から撮影。

そこで考えてもらったのが、

遮光ロールスクリーン

特に工夫しているところは、天井に凹みを作ってロールスクリーンを埋め込んでいることです。

こうすることで、使用していないときのロールスクリーンをできるだけ目立たなくしています。



実際にスクリーンを下げると。。。。
DSCF2154635465458.jpg
ロールスクリーンを閉じた写真。

こんな感じでどちらからも全く見えなくなります。


DSCF2168.jpg
ドアも閉めて、室内から廊下側を見た写真。

普段は一番上の写真のように、ロールスクリーンもドアも開けたままでつながりのある空間として生活していますが、お客様が来た時はこれで完全な個室にしています。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



建築家のブログ
GEN INOUE
WEBオープンハウス アイデア詰まった多目的室(1)
1年がかりでサニタリーの紹介を終えることができましたー。

このまま放置になるかとも思ったのに、自分の中では感慨深いです。

さて、せっかくなのでこの勢いで多目的室の紹介をしたいと思います。

多目的室は洗面所と同じ1.5階にあり、洗面所を出た目の前です。
DSCF2155461324651.jpg
洗面所から撮った写真。  右上に見えるのがリビングです。

多目的室の先には物干し用の小さなベランダがあります。

洗濯(洗面所)⇒干す(ベランダ)⇒たたむ(多目的室)⇒収納が一直線でできるコンパクトな動線になってます。

紹介する所が多いので、何回かに分けて紹介したいと思います。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

建築家のブログ
GEN INOUE
WEBオープンハウス 造作洗面所でやって良かったこと(番外編)
設計とは直接関係ありませんが、番外編として役立っている水周りの小物について紹介したいと思います。


一つ目はSOIL珪藻土バスマットです。
DSCF28754321135.jpg
足の水分を一瞬で吸収してくれ、一度使うともう他の物は使えないほど快適な使用感です。
価格は1万円以下なので、新築祝いにもお勧めです。

ちなみに、1年くらい使うとだんだんと吸収力が落ちてきますが、紙やすりで表面を少し磨くと復活します。


二つ目はQQQのバスブラシとスクレイパーです。
DSCF2154652146.jpg
お風呂後に必ずガラス面の水滴を取って湿気対策をしているので、今のところカビは生えてません。
デザインのみで選びましたが、おおむね性能にも満足です。

並べてぶら下げた感じが好き。

吸盤フックは無印良品のものですが、現行品では吸盤が透明から白色に変更されてしまって、ガラス面には不向きです。
透明の吸盤フックを再販してほしいですね。


これで水周りは終了です。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

建築家のブログ
GEN INOUE
WEBオープンハウス 造作洗面所でやって良かったこと(2)
WEBオープンハウス 造作洗面所でやって良かったこと(1)の続きです。

さらに造作の洗面所についてお勧めを紹介したいと思います。

下に目を向けると、、、、

DSCF2154652148.jpg
下はほぼオープンになっていて、右側に引き出しを作って頂きました。

作って良かった③タオルポール
タオルを掛けていなければ存在が気にならないし、左右どこにでも掛けられます。

作って良かった④隙間
右の収納の上に少しだけ隙間があるの分かりますか?
この写真を撮った時のようにしゃがまないないと気づかないほどの隙間ですが、ここにちょうど体重計が入ります。そのまま出ていると散らかるし、入る収納はなかなかないし、こういう隙間は重宝します。

作って良かった⑤洗面下の大空間&コンセント
この写真は冬の時のものですが、左下に置いてある家電が何だか分かりますか?

これはセラミックヒーターです。これを置くために下の空間を残したと言っても過言ではありません。
配管も、ガスも必要なく、コンセントだけあればどこにでも設置できます。
広い空間を暖めるのには向きませんが、3~4畳程度なら十分な性能です。
なにより、電源を入れた瞬間から暖風が出るので、事前に部屋を暖めておく必要もなくて、意外に経済的です。
温風が出るまでの速さはガス以上と思います。



最後はミラー収納の左下に作ったものです。
作って良かった⑥隠れティッシュ


DSCF21542315445.jpg

左下から、ちょろっと白い物が見えていますが、ティッシュです。
(撮影用に下に少し引き抜いていますが、普段はほとんど見えません)

扉を開けると、、、、、

DSCF215421343.jpg
こんな感じにボックスティッシュが収まっていて、下から引き抜けるようにしています。

ティッシュをどけると、こんな感じ。大工さんに穴を空けてもらいました。
DSCF251230142.jpg
この隠れティッシュは目立たず、洗面台にBOXをおく必要がないので、本当に作って良かったです。お勧めです!

*ここで注意事項がありますが、箱のBOXティッシュはひっくり返すとティッシュが抜けません(ご存知でした?)。
そのため、写真のようなビニールのティッシュを買うか、箱から出す必要がります。
しかも、ティッシュが接する部分を目の細かいヤスリでつるつるに磨いておかないと、ティッシュがひかかって抜けません。完全に造作でこの隠れティッシュを作る場合は良く検討して施工して下さい(設計は自己責任でお願いします)



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

建築家のブログ
GEN INOUE
WEBオープンハウス 造作洗面所でやって良かったこと(1)
最後のWEBオープンハウスが2014年4月だったので、1年と1ヶ月ぶりです。

建築が終わって、すでに2年半が過ぎているのにまだやってるのかよ、と突込みがきそうです。

前回は
WEBオープンハウス 在来工法浴室の失敗と後悔
ということでサニタリーの不満を書きました。

「次回はサニタリーでやって良かったことを書く予定です。」と書いたので、その続きを。

IMG_04546542134387.jpg
洗面を正面から見た写真です。

造作といっても、カウンターとボウルはAICAのスタイリッシュカウンターという商品なので、そこまで高額ではありません。

作って良かった①壁付け水栓
壁付けだと、水栓の根元に水が溜まらず、常に清潔に保てるのが本当に◎です。
高額な壁付け水栓もありますが、こちらはSANWA COMPANYの壁付け水栓で、お手ごろな値段です。

作って良かった②ミラー全面収納
正面のミラーは天井まであって、全て収納になってます。奥行きはありませんが、ドライヤーから歯磨き粉、化粧水まで何でも入ります。
*ここでポイントですが、収納の中にコンセントを仕込んでおくことが絶対にお勧めです。
コンセントに挿したままのドライヤーやシェーバーをそのまま収納できて、散らかりません。


(2)に続きます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

建築家のブログ
GEN INOUE
壁面緑化のはごろもジャスミン 2015
今年もジャスミンが咲き始めました。

家の周りに甘い香りが広がっています。2週間ほど目と鼻を楽しませてくれます。

DSCF7878787454654669.jpg
構図をちょっと真似して撮影。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

建築家のブログ
GEN INOUE
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。