建築家との家作り「駐車場のない家」2011-2012

30代夫婦か紆余曲折のすえ、東京都で建築家と家作り。2012年12月に竣工。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
建築中オープンハウス 懸案事項のチャンフータを塗装
懸案事項であったチャンフータを先週の土日を使って自分で塗装しました。

IMG_8522.jpg
これが無塗装の状態。

養生してあったとはいえ数ヶ月そのままになっていたので、角がへんな日焼けをしてしまっています。

悲しいですが、建築会社を責めるわけにもいかず、このまま進めるしかありません。


IMG_8527.jpg
養生が塗装の半分と言われますが、すごい大変でした。

完全に養生するのに2時間。少しめげそうになりましたが、最後まで精度を維持できたと思います。


IMG_8534.jpg
IMG_8535.jpg
キシラデコールのやすらぎとピニーを4:1の割合で計りを使って混合します。

こういう混合は正確性が命です!


IMG_8550.jpg

完成!

ってここまで丸1日かかりました。今日はここまでです。


着色したら角の日焼けが誤魔化せるかなーっと期待していましたが、むしろ目立ってしまったかも。

でもしょうがないです。。。。ぐすん。

着色すると、全体的には濃い赤茶に変わります。





そして次の日に、、、、、、

完全に雨を防ぐために

日本ペイントの「ファインウレタンU100 木部用」を使用して表面を完全にコーティングしました。
この商品は強力なウレタン皮膜を構成しながら、木を呼吸させられるという商品です。


IMG_8559.jpg

完成!

ここまで、丸2日。かなり疲れました。

この写真では綺麗に見えますが、数々の失敗によっては出来としては50-60点くらいです。素人としてはまずまずかな、と思います。

オープンハウスで絶対にマジマジと見ないで下さいね。遠目で鑑賞して下さいね。



もし同じことを考えている人にアドバイスするなら、
①ウレタン前のキシラデコールは1回塗り
→染みこまない材なので、2回も塗ると表面に残ったキシラデコールがウレタンににじみます。
②ウレタンは十分に乾燥させる。
特にこの時期は3時間以上乾燥させた方がいいと思います。乾燥が悪いと2回目の塗装の時に1回目の塗装がヨレて大変です。


キシラデコールでは完全に雨シミを防げませんので、雨に良くかかる部位ではウレタンまですることをお勧めします。

私の検討ではオスモのクリアプラスの厚塗りの方がキシラデコール単体より耐水性が高かったので、ウレタンまでするのが手間な方はこちらがお勧めです。

とにかく、杉などの常識が通用しない材なので、選択は慎重に。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


家づくりの進捗は、建築家(井上玄さん)のホームページでも紹介されています。
GEN INOUE


スポンサーサイト
建築中オープンハウス 我が家の外観(13)外の吹抜け
外観のカテゴリーに入れましたが、実は道路側からは見えません。

それが我が家の外部吹き抜けです。

IMG_8321.jpg
家を内部に掘り込んだように設計された外部空間。

もちろんここは「外部」であり、居住空間として使えるわけではありませんが、空間の広がりを感じさせる重要な役割を果たしています。

それは、一方の窓から見ると反対側の壁が絶妙な距離にあるため、外部にも関わらずこの吹き抜けを一体の空間と錯覚してしまうのです。


これはオープンハウスで体感してもらいたいですね。述べ床が80m2台と思えない広さを感じると思います。




IMG_8318.jpg
外部吹き抜けから見る鉄骨階段。ちなみに、ここが全ての階段を一望できる唯一のスポットです。

窓越しの階段いいな~。



IMG_8323.jpg
階段脇のこの壁面にワイヤーが4本張られていますが、何に使うか分かりますか???

これは建築途中で考えたアイデア。


実はここを

壁面緑化しようと思ってます!!

考えている植物は「カロライナ ジャスミン」「羽衣ジャスミン」「ツルハナナス」「クレマチス」などです。


テイカカズラ」も好きだったんですが、すこし吸盤を張るという情報があったので却下しました。


条件としては壁に吸盤をつけない、耐寒性があり常緑、きれいな花を咲かせるとういうことで、このサイトを参考に選びました。

どれにするかは植栽屋さんとも相談して決めようと思ってますが、第一候補は「羽衣ジャスミン」ですね。

唯一耐寒性に不安がありますが、羽衣ジャスミンを育てられた経験のある方いらっしゃいますか?



IMG_8359.jpg
室内側からこの壁面をみるとこんな感じ。

ここが緑で覆われるとすごく良い雰囲気になると思います!






にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



家づくりの進捗は、建築家(井上玄さん)のホームページでも紹介されています。
GEN INOUE


建築中オープンハウス 我が家の外観(12)ついにベールを脱ぎました。
ついに、ついに、

足場が外れましたー!


初めて階段の下から我が家を眺めました!

すごく興奮しました。



IMG_8291.jpg

存在感のある外観ですが、町並みとも調和してます。

居合わせた鉄骨屋の棟梁さんに、「本当にカッコイイよね~。近所で一番良い家だよ」と言って頂き、本当に嬉しかったです。皆さんのおかげです。

ちなみに、その後の棟梁の言葉

「特に鉄骨のバルコニーに迫力があるね。いやー本当にいい!」と気持ちいい自画自賛に微笑んでしまいました。

私も鉄骨のバルコニーが外観をぐっっと引き締めていると思います。



外観はまだ未完成の部分があるので、今回はこの距離からのみにさせて下さい。




その代わりに初めてのリビングからの眺めも紹介します!
IMG_8013.jpg
日当たりも良く、抜け感最高!

建築前に予想していた通り、公園の緑と噴水の水の音が本当に気持ち良いです。

傾斜地は建築が難しくコストもかかりますが、、逆に得られるメリットもあることを再認識しました。



外観の詳細は、完成後に少しずつ紹介したいと思いますので楽しみにー。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



家づくりの進捗は、建築家(井上玄さん)のホームページでも紹介されています。
GEN INOUE


Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。