建築家との家作り「駐車場のない家」2011-2012

30代夫婦か紆余曲折のすえ、東京都で建築家と家作り。2012年12月に竣工。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
(過去) 井上玄さんに設計依頼するまで 10 Sturdy Style とフリーダムのプラン
10 Sturdy Style とフリーダムのプラン

大手と言っても、Sturdy Styleが年間200棟、フリーダムが50-100棟なので、ハウスメーカーと比べると極小ですが、個人の設計事務所が年間2-5棟なのと比べれば、超大手ですよね。

この2社は建築家の方々よりも先に連絡を取っていたので、2011年7月中旬から下旬にかけてプレゼンをして頂きました。

Sturdy Styleのプラン
IMG_2154.jpg
2階間取り
IMG_2155.jpg
西側外観
IMG_2156.jpg
南側外観

プランとしてはとても魅力的なプランを提案して頂けました。
玄関入ってすぐの吹き抜け階段、南側に向かって勾配天井の開放的な2階リビング、個室は全て1階。ファサードも好みだったのでテンションも上がりました。
少し奥まったキッチンも好きです。

ただ、埼玉を中心に家を建てている事務所なので、遠方と特殊敷地の割り増しが数百万円も!かかるという見積もりを頂きました(Sturdy styleは大企業ポラスの一部門なので、最初から正確な見積もりが出ます)。
また、条件の厳しい敷地での経験が少ないのか、擁壁対策や地盤対策をどうするかが曖昧で、役所との折衝にも不安を覚えました。


フリーダムのプラン
主要都市に支店があるフリーダムのプランはとても物足りない物でした。間取り図を見た時点でテンションが下がった妻は、何も喋らなくなって(もともと多く喋る方ではないが)、とにかく気まずくて困りました。

「白い箱」という「デザイン住宅の基本形」な外観でしたが、この敷地で南側を完全に閉じていたり、

なぜ?が多いプランでした。


2社のプレゼンが終った時点で、難しい敷地条件の中で私たちの要望を実現するためには、やはり建築家にお願いするしかない、という思いが強まりました。

ちょうどこの頃に、ハウスコで1週間だけ開催した募集コンペになんと37名の建築家の方からエントリーを頂き、この中から3名の方にファーストプランを考えて頂けることになったのです。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
(過去) 井上玄さんに設計依頼するまで 9ファーストプラン
9ファーストプラン 建築依頼先を探す

土地契約も済み、いよいよ建築依頼先を選定する段階になりました。
やっと現在に近づいてきましたね。だいたい2011年7月頃の話です。

実はこの頃はまだ「建築家に依頼する」ことが夢のようなことだと思っていました。

依頼先候補①設計事務所Sturdy Style(ファーストプラン無料)
まず最初の選択肢は2010年の越谷市で建築を依頼していたSturdy Style。実はこの時点ではまだ契約解除をしていませんでした。設計スタイル自体はとても好きだったので、再度プランをお願いしました。ただ、埼玉を中心に活動しているので、相当の割り増しがあると言われました。

依頼先候補②フリーダム(ファーストプラン無料)
インターネットでの広告も多いし、ご存知の人も多いですよね。
Sturdy Styleが東京を苦手としていることが分かっていたので、東京で活動している設計事務所を検索していて偶然見つけ、いくつかの建築事例は好みのものが有ったのでファーストプランをお願いしました。


依頼先候補③第三の選択肢、「建築家」。
この頃には「Casa Brutus」や「lives」を読み込んでいた私達夫婦とって、上記2社のプランが少し物足りないものになるだろうなとの予感が漠然とありました。しかし、「建築家」に依頼するにはどうすればいいのか分からず途方にくれていました。

そんな時に見つけたのが、インターネット上で建築家を募集することができるハウスコというサイトでした。
logo_houseco_02.jpg

このサイトがいいのは、純粋に建築家やその実例検索にも使えるところ。
最初は建築家の実例検索として使っていましたが、次第に建築家とコンタクトを取りたいと思うようになり、
思い切って「駐車場のない家」としてコンペを立ち上げました。

駐車場のない家
約5ヶ月前の2011年7月5日のことです。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
(過去) 井上玄さんに設計依頼するまで 8土地探しの教訓
8土地探しの教訓

最初の土地探しから、結局1年半以上に渡って土地を見てきました。
いろんな不動産屋とも付き合いました。

とりあえず役立つリンク
路線価
地盤検索
土地取引情報検索
地価マップ


偉そうに教訓
①情報を広く迅速に入手する方法を構築する(1番重要)。
信頼できる不動産屋と出会うことです。ただ、奴らは基本的に「タヌキ」です。絶対に信用してはいけません。
特に「他にも問い合わせがあるから急いだほうがいい」や「未公開物件がいっぱいある」ことを主張してくる奴は絶対に信用できません。

②気長に探し、即決断。
そうは言っても大金なので難しい。「この土地しかない」なんてことはないので、買えなくても諦める。
建築家(もしくはハウスメーカー)が決まっていれば、ラフプランを書いてもらってからの契約がベスト。

③譲れない条件を整理し、土地毎に夫婦で話し合う。
意外に夫婦で条件は違うものです。自分の我を通しても、後に遺恨を残します。
「だったらお前が探せよ」と言いたくなることがあるかもしれませんが、冷静に。
二人協力していい土地を探しましょう

④予算を明確にし、予算以上の土地を買わない。考えているより諸経費はかかります(仲介手数料、登記費用、ローン関係で約300万円)。さらに建築家へ設計管理費も250万円はかかります。竣工までの賃貸もあります。解体費がかかるかもしれません。総予算5500万円なら、土地の金額は2500万円から最大でも3000万円くらいだと思います。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。