建築家との家作り「駐車場のない家」2011-2012

30代夫婦か紆余曲折のすえ、東京都で建築家と家作り。2012年12月に竣工。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
webオープンハウス リビング(4)こだわりの窓
取材の写真を一部頂いたんですが、想像以上に素敵な写真でしたー♪
うん、うん、livesってこういう感じの写真だよね。と一人にんまりです。
今回のカメラマンさんの写真は私的にツボでした。



さて、まだまだ続くリビングですが、今日はリビングの窓のこだわりについてご紹介したいと思います。


IMG_9073.jpg
右側がリビングの特大FIX窓。左は引き戸になってます。

夜なのでブラインドが閉まってますが、ブラインドが普通よりすっきりして見えませんか?


秘密はこちら↓↓
IMG_9093.jpg
工事の段階から見て頂いている人はご存知と思いますが、ブラインドが付く天井部分を凹ませて貰っています!

おかげでブラインドのメカ部分や最初の縫い目が隠れて、バーチカルブラインドの良さが際立ってます。

実はほぼ全ての窓でこれをお願いしました。

他の窓はロールスクリーンですが、開放時にロールが凹みに完全に隠れるので、ブラインドがあるのか分からないほどすっきりした窓になってます。

これは本当にお願いして正解でした。




二つ目のこだわりは窓自体のこと。私のというよりは建築家のこだわりですが。
5487854.jpg
分かります?この窓ガラスはサッシが完全に隠れるように設置されてます。

室内からみると床とガラスが接しています。

この収まりを実現するのは結構大変みたいですが、南側の大切な窓なのでこだわって頂いて良かったです。

「ひなだんの家」を見てからこういうFIX窓に憧れていたので実現して本当に嬉しいです。

窓フェチにはたまりません。



そして低座椅子の新しい使い方。

天気の良い日はバルコニーに低座椅子を出してコーヒー(もしくは酒)を片手に日向ぼっこ。

これは遊びに来た友人から提案してもらって目からウロコな使い方でした。

低座椅子で本当に良かったーと感じるひと時です。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

建築家のブログ
GEN INOUE


スポンサーサイト
WEBオープンハウス リビング(3)家族の勉強スペース
今回はテレビの背面にある家族の勉強スペースをご紹介します。

IMG_9051.jpg
真正面から撮った写真がなくて左端が切れてますが、勉強机の全長は約3mあります。

そしてリビングの中でこの部分だけ吹き抜けになってます。

大きな吹き抜けではありませんが、上部の南向きの窓から存分に光が入ります。


IMG_955015.jpg
上の写真で切れている左端にはPCを置いてます。

椅子はイームズのシェルチェア。

ベースはPCスペースで使い易いように回転する「コントラクトベース」です。


IMG_9097.jpg
机の足は細いアイアンが三連になったものが両端についてます。これは建築家セレクト。

IMG_9103.jpg
そして、ここ辺りは壁がないのでコンセントは床用が採用されてます。これも両端にあります。

床用コンセントは何かと便利なので、アイデア次第で使い道が広がると思います。


IMG_9053.jpg
最後に照明はトルボー120のグレイサンダーを3灯並べました。
コード色は標準の黄色から緑に変更しています。

必要なところだけ使えるように3灯とも別々のスイッチにつながっています。

IMG_9052.jpg
ちなみにテレビ側を振り返るとこんな感じ。

やっぱり2脚の低座椅子がたまりません。
(*´ -`)(´- `*)



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

建築家のブログ
GEN INOUE
WEBオープンハウス リビング(2)テレビ周りの詳細
前記事の続き。
今回はテレビ周りにフォーカスして詳細に紹介したいと思います。

まずはテレビ周り全景。
IMG_9033.jpg
テレビは憧れていた壁付けにしました。プラズマなので、壁との距離が大きいのはご愛嬌。

壁の補強と壁内の配管をしてもらい、壁付け金具は楽天で見つけた2500円の物です。
過去記事「我が家のチョイス。施主支給品を手配

安物の金具を使うかどうかは別として、全体費用も安いのでテレビの壁付けはお勧めです。
地震時の安全性も高いです。


IMG_9036.jpg
そしてテレビの下の造作の収納。材はタモの集成材です。

建築途中に「強度的には足を付けた方が良い」と言われましたが、足があるとルンバが完全にお掃除できないし、足のないデザインを気に入っていたので、色々と補強をして頂いて最初のデザインを貫きました。

あまり負荷をかけられないので子供の搭乗は禁止です。



IMG_9034.jpg
格子はこんな感じに開きます。

一般的な90度開くと突っ張ってくれる家具用のヒンジが高くて、減額調整で「トルクヒンジ」というものに変更しました。

閉めたときに外からヒンジが見えてしまうのが欠点ですが、180℃開くのでこれにして良かったと思っています。

それは無線プリンターを使っている時に90℃しか開かないと、すごく邪魔だし危ないので絶えられなかったと思うからです。

最近は無線プリンターを導入する人が増えていると思いますので、テレビ下収納に格納する際は扉の開き方は要注意です。


最後に時計はアクタスで買ったLEMNOSCARVED (NTL10-04A)。
デザイン:寺田尚樹
IMG_9041.jpg
盤面に彫り込まれた数字がアクセントです。そのうち壁を塗装してもこの時計なら似合いそうです。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

建築家のブログ
GEN INOUE



Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。