建築家との家作り「駐車場のない家」2011-2012

30代夫婦か紆余曲折のすえ、東京都で建築家と家作り。2012年12月に竣工。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
フローリングの塗装試験 「結果発表1 施工性」
前記事
フローリング用の塗装を大実験!
IMG_4694.jpg
トゥデイランバーさんの善意で多めにサンプルを送って頂きました!)

試験結果は3回に分けて紹介します。
1施工性
2仕上がり、質感
3防汚試験

今回は結果1 施工性についてです。
施工方法によっても施工費は変わりますし、施工費によっては自分でやろうと思っているので、施工の容易さは重要なんです!


試料と手順
塗装候補は下記5選手です。いづれも無料のサンプルを取得できます。
#1 無塗装(今回は関係なし)
#2 蜜蝋(小川耕太郎∞百合子社Cタイプ)
#3 自然オイル(AURO 木材保護ワックス No.129 )
#4 ウレタン塗装(キャピタルペイント フレッシュアクアFつや消し)
#5 ハイブリット塗装(キャピタルペンとNA-6)



#3、4、5の基本的な手順は以下の通り。
①サンドペーパー中目(#240)で油分の除去と下地の整地。良く粉を取り除く。
②下地塗装(#4は専用下地塗料、#3と#5は本塗装と同じもの)
③所定の時間乾燥
④サンドペーパー細目(#400)で仕上げ磨き。良く粉を取り除く。
⑤本塗装 良く乾燥。
(#2蜜蝋は1回塗装を推奨していたので、②、③を飛ばして施工)



結果
#2蜜蝋
荏ゴマ油でマーガリン状に柔らかくしてあるCタイプを使用。スポンジで「とにかく薄く塗れ」と書いてあるんだけど、これがとても難しい。スポンジにも木にも蜜蝋が吸収されて、すごいムラになってしまう。何とか均等に塗ろうとすると、どうしても量が増える。。。。かなりイライラしたが、最終的には多めに塗って、それをふき取る感じで、なんとか均等に塗れました。たった200cm2塗っただけなのに疲れた。狭い範囲の補修は素人にも可能と思いますが、広い範囲の一次塗装はプロに任せましょう。

#3自然オイル
とにかくすごく簡単。ハケかローラーで少しびちゃびちゃなくらいに適当に塗って、数分置いたら余分な液を布でふき取るだけ。本当にこれだけ。素人でもプロでも仕上がりに差がでることはほぼないでしょう。問題は乾燥に時間がかかること、2回目の施工をするのに数日乾燥させる必要があります。まあ、②③の手順を飛ばして1回施工でも十分だと思いますが、やはり歩行には1日以上の乾燥が必要です。

#4水性ウレタン
手順②の下地塗装は2時間くらいで乾燥、固化するので、2回目の塗りを含めても1日で施工が終ります。塗りすぎた余分な液を拭き取ったりできないので、塗り厚にはかなり気を使います。狭い範囲では簡単な施工でしたが、素人が広い面積を施工しようとすると意外に大変だと思います。施工者の腕によって、仕上がりがばらつく可能性が高いです。


#5ハイブリット塗装
塗装前に3つ液を混合します。おそらく自然オイルとウレタンと希釈液と思われます。塗装は自然オイルと同様でとにかく簡単!ハケかローラーで少しびちゃびちゃなくらいに適当に塗って、数分置いたら余分な液を布でふき取るだけ。これも素人とプロで仕上がりに差がでることはほぼないと思われるます。しかも自然オイルに比べて乾燥が非常に速く、数時間後には次の塗装ができます。今回最も簡単で時間も最短でした。



総評
自然オイル(AURO)、ハイブリット塗装(NA-6)の2選手は施工性が非常に高く、しかも素人でも高品質な仕上がりになります。素人が施工をする、もしくは施工費を安くするなら、この2選手がベストだと思います。素人がウレタンと蜜蝋を広い範囲に施工するのは止めた方がいいです。施工費も高めになる可能性があります。
結果
(5段階評価)





今回は字ばかりになりましたが、「結果2仕上がり」では写真を沢山載せたいと思います。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


家づくりの進捗は、建築家(井上玄さん)のホームページでも紹介されています。
GEN INOUE

スポンサーサイト
敷地の現状。これはどういうこと??
週末に工事の確認と、挨拶できていなかった近隣の挨拶に行ってきました。


そこで目にした驚きの敷地状況。。。。。なにこれ??
shikichi3948.jpg

事情を伺ったところ、「地盤改良⇒掘り下げ」という手順で、掘り下げの幅が大きかったため、地盤改良の鋼管杭がこんな風に1m以上地表に顔を出したそうです。

この杭の間を縫って、よく土を掘り出せたなぁーと本当に関心してしまいます。

掘り下げた後に地盤改良をすれば良かったんじゃ?という素朴な疑問もありますが、色々と事情があったようです。

この出っ張った管鋼杭は、基礎の高さで切断してから基礎工事になるそうです。

週末のうちに砂利を引き詰めて、今週から捨てコン作業が始まってます。




次回からお待ちかね(?)のフローリングの塗装試験の結果を記事にしたいと思います。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


家づくりの進捗は、建築家(井上玄さん)のホームページでも紹介されています。
GEN INOUE



イームズシェルチェアの選び方。本物より「オリジナル」に近いレプリカ。
本物より質の良いレプリカ(ある意味において)なんてあるはずがない。そう思ってました。

私はレプリカの家具が嫌いです。偽物を買うということ自体が「その文化を破壊している」ことだと、ある人から教わったからです。そして、ウェグナーの思いの詰まった椅子PP68の粗悪なレプリカが売られているのを見つけた時のショックを今でも忘れられません(これは私の思いですので、誰かに押し付けようとは思いません)。
aoyama15.jpg
(PP68 オーローズにて撮影)
本来はfake、replica、mimicと呼ぶべきで、復刻という意味を含むreproductやノーブランドを意味するgenericという名前を使うこと自体が適切ではありません。

すいません。話がそれました。つい熱く、、、、。



そんな我が家のスタディーコーナーには、イームズのアームシェルチェアを考えています。
5536.jpg
ここからお借りしました。)


もちろんレプリカを買うつもりはありませんでしたが、現行の「正規品」が持つのっぺり感は少し違和感がありました。イームズのシェルチェアは大量生産を目的に90年代にグラスファイバーからポリプロピレンに変更になったことは皆さんご存知の通りです。環境保護という名目がありますが、ほとんど廃棄されないシェルチェアであることを考えると、あまり説得力がありません。


そうするとグラスファイバー製のヴィンテージを探すことになるのですが、好みの色を探すのは難しく、状態が良いものは値段も上がります。





そんな中、なんと今なおグラスファイバー製のシェルチェアを製造しているメーカーが存在することを知ったのです!
modernica45653.png

アメリカLAの会社Modernica(モダニカ)

ポリプロピレンと違い、一つ一つ手作業での製造。
modernica2656.png

しかもゼニス社が払い下げた当時の製造機械を使っており、当時の職人も再雇用しているとか。

これはハーマンミラーの正規品より「オリジナル」に近いレプリカなのは間違いありません。

日本での代理店が目黒にあるので、現物を確認してきましたが、想像以上に良いです。質感もまさに求めていた物でした。値段的には正規品より安いということはなく、ほとんど同じみたいです。



これは悩む。

正規品ではないところがどうしても気になりますが、ヴィンテージ、現行品に次ぐ第3の選択肢に加えたいと思います。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


家づくりの進捗は、建築家(井上玄さん)のホームページでも紹介されています。
GEN INOUE

無垢フローリング用の塗料を大実験!
急遽、無垢の床材を採用することになった我が家。 でも、無垢材の塗装ってどうしたら良いかまったく分かりません。 皆さんも悩まれたんじゃないかと思います。無塗装で使われる人もいますが、キッチン周りや子供の食べこぼしによる汚れがどうしても気になる妻。なんとか汚れを防ぎつつ、できるかぎり無垢の質感を残したいです!




木のことは良く分からないので、とりあえずプロ(トゥデイランバー今泉さん)に相談しました。その結果、下記の選択肢を教えて頂きました(自分で調べた情報も付加してますので、不正確な部分を含みます)。

①無塗装
木そのもの。塗装に比べると木の色味は薄めになる。水染み、油汚れが付きやすく、落ちにくい。

②蜜蝋ワックス
蜜蝋自体は固形だが、亜麻仁油などと混合して液状にした物もある。無垢感は残るが若干テカリあり。水染み、油汚れを完全には防げない。

③自然系オイル (オスモカラーリボスワトコバトンアウロ など)
完全自然オイルの他に、自然オイルと溶媒とを混合した物がある。いわゆるオイルフィニッシュに使われる。木の濡れ色を最大に引き出せるが、やはり水染み、油汚れを完全には防げない。

④ウレタン塗装 (各メーカー)
樹脂を硬化させて、木の表面に強力な皮膜を形成する。
つや消しでマッドな質感の物もあるが、無垢感はかなり無くなる。水染み、油汚れをほぼ完全に防げる。

う~ん、、どれも一長一短ですな。

そんな中、第5の選択肢として教えて頂いたのが、ウレタンと自然オイルを合わせた塗料で、キャピタルペイントの「NA-6オリオ2」という商品。カタログによると、オイルフィニッシュの質感なのに、防汚性能はウレタン並みという驚きの歌い文句。勝手にハイブリッド塗装と命名。








なんでも自分で試してみないと納得しない性分な私には、このままでは選べません!
ということで、下記4点のサンプルを手に入れ、
塗布の容易さ、塗布後の質感、防汚性能の3点を

大実験!結果報告は数日お待ち下さい。


ゼッケン①
無塗装

ゼッケン②
蜜ろう塗装(代表:小川耕太郎∞百合子社未晒し蜜ロウワックス
シックハウス対策に天然成分100%ワックス『未晒し蜜ロウワックス』300ml



ゼッケン③
自然系オイル塗装(代表:AUROアウロ 木材保護ワックス No.129
AUROアウロ 木材保護ワックス No.129



ゼッケン④
水性ウレタン塗装(代表:キャピタルペイント フレッシュアクアF全つや消し



ゼッケン⑤ダークホース
ハイブリッド塗装(代表:キャピタルペイント NA-6オリオ2




さあ、結果は如何に。好みの質感、防汚性能を持った塗料はあるかな??





にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


家づくりの進捗は、建築家(井上玄さん)のホームページでも紹介されています。
GEN INOUE

オープンハウス
以前の記事でアナウンスしていたポーターズペイント(PORTER'S PAINTS)のオープンハウスに参加してきました。
(写真は全て掲載許可を頂いています。個人住宅なので、転載はしないようお願いします。)

前記事
壁のセルフ施工に挑戦!!


場所は江ノ島近くの閑静な住宅街。ここあたり、間違いなく建築家と建てたと思われるかっこいい家がちらほら有ります!
house6785.jpg
今回のおうちの外観です。
黒い杉板張りがすごく素敵(焼きではなく、ペイントだそうです)。温かみとシャープさがうまく融合してます。
幸運なことに建築の現場監督さんに話を伺うことができ、「窓サッシと外壁の面を合わせるのが大変だった」と伺いました。
こういうこだわりすごく分かります。サッシを内側に押し込むことで、建物の輪郭がとてもはっきりして見えます。井上さんもイエストで同じことを言ってました。「外壁よりも半分外に出たサッシがついたとたん普通の住宅になってしまう」と。


house678.jpg
内部は圧巻でした。全ての壁と天井がポーターズペイント。

配色、テクスチャも絶妙で、寝室の壁の質感が納得できるまで4回も塗り直しをしたそうです。

写真では伝わりにくいですが、光が壁に当たった時の柔らかな陰影。全ての壁をポーターズペイントにしたい衝動にかられつつ、予算的に無理なことは重々承知してます。セルフ施工で施工範囲を広げられたらいいな。
(一眼レフに電池を入れ忘れて、全てiphone撮影になってしまったのが本当に心残りです)


house567.jpg

壁に思いを巡らせつつ、生しらすを堪能し、最後に大仏を参拝してから帰りました。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


家づくりの進捗は、建築家(井上玄さん)のホームページでも紹介されています。
GEN INOUE


Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。