建築家との家作り「駐車場のない家」2011-2012

30代夫婦か紆余曲折のすえ、東京都で建築家と家作り。2012年12月に竣工。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
増額なしで無垢の床材に変更する! 2 増額分の相殺を考える
前記事で素敵な無垢材との出会いを書きました。
唯一の問題は材料費が20万円増額されてしまうことです。(無垢材に変更して、増額が20万円で済むなんて相当安いんですけどね。)





でも、この20万円をなんとか吸収できないか頭を悩ませていました。20万円の増額となれば、妻は必ず「No」と言うはずです。ずっと考えていて、ひらめきがありました。見積り公開の記事で書いた外部用レッドシダーが高すぎる!ということです。だって、レッドシダー33万円/19m2は高すぎると思いません?1m2当たり17000円なんて、ムニンガの2.5倍以上ですよ!

そこで、株式会社トゥデイランバーさんに問い合わせてみました。「外部で使えて、レッドシダーと同等以上の耐久性で、しかも安い。そんな良い木材はありませんか?」という無茶な注文です。でも期待通りの返事がありました。
「レッドシダーの倍以上の耐久性を持っていて、工務店の見積もり価格より安い木材があります!」と。

それがチャンフータでした。またまた不思議名前。
木材の特徴(HPより転載) チャンフータの施工事例
環境によるが20年程度は腐らない。
木材の保護という意味での塗装は必要ないので、基本的にメンテナンスフリーである。
手触りがよい。
素足歩行に適しやすい。


無塗装、ノーメンテナンスで20年!?すごい。フローリング材(約7000円/m2)とデッキ材(約10000円/m2)と、加工様式によってお値段が違いますが、レッドシダー33万円を全てチャンフータのフローリング材に置き換えると半額以下の約13万円になりました!!


ということで、無垢フローリングの増額をレッドシダーとチャンフータの差額20万円分でほぼ補うことができました(一般的な減額案ではなくてすいません)。ただ、実際にはデッキ材を使った方が良い所もあるので、これから細かい検討をしたいと思っています。

本当にありがとう。トゥデイランバーさん。
餅は餅屋、木のことは木材屋に聞けということですね。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


家づくりの進捗は、建築家(井上玄さん)のホームページでも紹介されています。
GEN INOUE

スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
雪風多雨さんに教えていただいてから、
チャンフータっていう単語が 耳に残って離れません (笑)

我が家の場合、工務店が材木屋も兼ねているので
レッドシダーの見積もりが 平米あたり1万程度だったらしいです。
もしかしたら、あまり お値段は変わらないのかな~??
(以前 教えていただいた値段は、卸値ということですか?)

でも 同じ値段で倍以上の耐久性なら、やっぱり チャンフータがいいですよね (>_<)

いっそ 室内フローリングも、今のサクラからチャンフータに出来れば…
と思うのですが、色味や塗装の関係などが気になっています。
そして工務店から、まだ返事も来ないし。

雪風多雨さんのように、自分で トゥデイランバーさんに
お電話してみるのが いいかもしれませんね。

長々と失礼いたしました ;;
2012/05/21(月) 04:30:45 | URL | しましま #SIR.BgG2[ 編集]
ムニンガ
しましまさん

おはようございます。
私も妻も同じ症状です(*^o^*)。

コメント欄でうろ覚えの情報を書いてしまってすいませんでした。
正確にはチャンフータ 本実加工品(フローリング加工)が5500円/m2プラス消費税です。
ここに送料が14000円かかります(量によっても異なるみたいです。)うちの場合は使用量少ないので(この時は14m2で見積もってもらってます)、施工範囲あたりの送料が高くなり、だいたい7000円/m2になってます。

必要があれは、見積書をメールしますよー。

2012/05/21(月) 07:05:01 | URL | 雪風多雨 #-[ 編集]
チャンフータ
ご無沙汰しております。汗
時々ROMっては居るのですが。。。

どんどん素敵な家になっていて、羨ましい限りです。

拙宅も漸く着工が近づいてきました。が、減額との戦いで、少々お疲れモードです。笑

ところで、私もデッキにチャンフータを使いたいと考えているのですが、雪風多雨さんのところは厚みいくつなのか教えて頂けませんか?
厚いに越した事は無いのは分かっているのですが、コストも厳しく、デッキ材として20mmが妥当なのかどうか、判断が付かなくて。。

ちなみに工務店からは、㎡単価8,800円で見積が来ており、これもちょっと高いよな~、と悩んでいます。

雪風多雨さんは、個人で材料を引っ張ったのですか?(要は施主支給って奴ですか?)

色々質問ばかりで申し訳ありません。
今後も更新、楽しみにしていますね。
2013/10/22(火) 19:23:34 | URL | キツネ先輩 #-[ 編集]
チャンフータ
キツネ先輩さん

お久しぶりです!減額は大変ですよね。うちも相当ピリピリしてたのを覚えています。
ブロ友申請を頂いたのに承認していなくてすいません。テレビ後に色々と嫌がらせがあったこともあって、承認を一旦停止しています。お許し下さい。

ご質問の件
今測ってきました。うちのデッキ材は20mmでしたよ。今のところ、そりや割れはありません

仕入れに関しては、うちはトゥデイランバーさんに見積りを取って、その見積書を工務店に送って施工してもらいました。掘り起こしたところ、見積り額は当時の材料費で8500円/m2でしたので、8800円は妥当な額と思いますよ。
チャンフータのフローリング材に比べて厚身があるのと、長さを一定にする必要があるので、1.5倍ほど高くなってしまうようです。

ちなみにチャンフータはすぐに銀白化しますので、外部に使用して赤みを残したい場合は施工と同時に塗装をすることをお勧めします。


参考になったでしょうか。何でも聞いて下さいね。
2013/10/23(水) 22:33:01 | URL | 雪風多雨 #gg06ppQg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
前記事で素敵な無垢材との出会いを書きました。唯一の問題は材料費が20万円増額されてしまうことです。(無垢材に変更して、増額が20万円で済むなんて相当安いんですけどね。)でも
2012/05/21(月) 05:09:21 | まとめwoネタ速neo
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。