建築家との家作り「駐車場のない家」2011-2012

30代夫婦か紆余曲折のすえ、東京都で建築家と家作り。2012年12月に竣工。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
井上玄さんとの家作り 基本設計
基本設計 空間と間取り

通常、ファーストプランの後に改善の要望を出しながら2、3度打ち合わせをします。

ただ、今回私達は間取りに関して 一切の改善要望なし でした。

こんなことは初めてです。


なので、このまま実施設計や、構造計算などを進めてもらうことになりました。

井上さんのプランは一見、奇抜そうに見えるかもしれませんが、無駄のない合理的な設計であることに驚かされます(土地の問題を解決しながら)。

デザイン重視の家にありがちな「収納が少ない」どころか、「ここにも?、そこにも?そんなに?」という感じで大きな収納や適所な収納があって、物が多い子育て世代には涙ものです。

しかも大きな収納のほとんが述べ床に参入されません。ここミソです。

夫婦ともども直して欲しい箇所が本当になかったんです。

全体の空間構成を分かり易く説明すると、一つの長方形の箱を「①切って」⇒「②離して」⇒「③上にずらす(東側)」ことで構成されています。
離したことで産まれる中心の空間を階段室にして、採光の多くをこの中央から得ます。
また上にずらしたことで産まれる床下の空間は、一つ目の「延べ床に入らない大きな収納」と緑の山になります。
正面
南側(井上さん撮影。井上さんは建築写真家としてもお仕事をされてます)

正面2
南側2(井上さん撮影)

スキップフロアのメリットとして、廊下や壁を使わなくても、隣接した空間に適度な距離感が生まれるため、この付かず離れずの空間構成をとても気に入っています。

0.5階には1つ目の大きな収納
1階は玄関と主寝室(子供が小さいうちは使わないかも)
1.5階に水周りと予備室と、2つ目の大きな収納、さらに洗濯干し場
2階LDK
2.5階子供部屋×2(片方は完全個室。片方は建具で個室にも、LDKと一体にもできる。)

すいません。分かりにくいですね。

LDKを中心に半階下がれば、水周りと予備室と洗濯干し場という動線で、同一空間の半階移動で生活のほとんどが完結します。

内部
内部(井上さん撮影)

外観に関しては、公園の緑をできるだけ借景するために斜線制限を越えて西側に寄せて、天空率で解決するために壁面の一部をえぐったような外観になっています。それが外観に個性を与えています。西側に寄せたことで、リビングからは公園の緑と池が見える予定です。
南西
公園側 階段下より。


ただ、無機質過ぎるファサードは妻の好みではないため、外観(西側のみ)の再提案をお願いしています。
この妻の要望が井上さんを2ヶ月間も悩ませることになろうとは、この時10月の時点では想像もしていなかったのでした。。。。
そこそこ変わる予定です。よろしくお願いします。
私は今のままでも好きです。



ランキングに参加しています。よろしければ↓クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。