建築家との家作り「駐車場のない家」2011-2012

30代夫婦か紆余曲折のすえ、東京都で建築家と家作り。2012年12月に竣工。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
建築中オープンハウス 広さを感じるリビング(1)
前回に続き4層目。今回はリビングを紹介します。リビングは見所が多いですよ!


まずはキッチンから見たリビング、ダイニング全体の写真。

IMG_5910.jpg
棟梁が作業をされています。写真右側の壁には窓が一つもありません。ここにTVを壁付け予定。ただ、強固な構造壁を構成しているので、TV配線の隠匿配管が難しいかもしれないそうです。どうなるかな。


うーん、どこから説明していいのか分からない。


とりあえず左側から。
IMG_5861.jpg
ここの注目点は「吹き抜け」、「子どもスペース」、「下階とのつながり」です。
(我ながらいい写真なんですが、基本的に下手なので何十枚も撮っての1枚です)

家の中央にあるこの吹き抜けにはいくつかの機能がありますが、一番の機能は高い位置から採光をすることで細長い家全体に光を届けることです。この写真を見ると狙い通りになってそうです。



IMG_5879.jpg
半階上の子どもスペースはおもちゃやジャングルジムを置いて、子どもたちが遊ぶスペースです。最初の写真で分かるようにキッチンからも良く見えます。そして、リビングと一体の空間なので、リビングを広く感じさせるのに大きな役割をしています。

ちなみにこの子どもスペースは建具で完全に個室化できます。

リビングの冷暖房効率を高めたい時には閉じられますし、子どもたちの一時的な勉強部屋にしたり、将来個室にしたり、その時々に応じた可変性を備えています。

こういう実用的で遊び心のあるアイデアも「井上さんの設計ってすごいなー」と思うところの一つです。



子どもスペースの下には下階の多目的室が見えますが、ここにはFIXガラスが入るので、リビングからは子どもスペースと同時に多目的室を見ることができます。

空間全体の広がりを感じさせるのはもちろん、リビングから室内が見えることで多目的室の用途もいろいろと広がります。

また、多目的室はお客様室もかねているので、遮光性のロールスクリーンを使ってFIXガラス部分は壁のようにできる予定です。




IMG_5875.jpg
そして、リビング一番の見所は

我が家最大のFIX窓です。

ここは特注品なので、まだガラスが入っていません。なんと1枚で150kg以上のため、10人以上で入れるそうです。どうなるんだろう。楽しみでもあり、少し不安でもあります。

しかも、この大きな窓から公園の緑を借景できます!!

(覆いの隙間から分かりますか?)
これも天空率を使った建物配置をしてくれた井上さんの設計のおかげです。


IMG_5878.jpg
そして最後に大開口から階段側を振り返った写真。このアングル好きだなー。実はこの正面の窓ガラスもまだ入ってません。ここも特注品のため、150kgの窓ガラスと一緒に入るそうです。ここも楽しみ。

これからの進捗でまだまだ雰囲気が変わるLDKでした。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村




家づくりの進捗は、建築家(井上玄さん)のホームページでも紹介されています。
GEN INOUE

スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。