建築家との家作り「駐車場のない家」2011-2012

30代夫婦か紆余曲折のすえ、東京都で建築家と家作り。2012年12月に竣工。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
外壁に起きてしまった悲劇(4)本当に最終決着
シミを防ぐために選んでいる外壁塗装の延長戦に決着がつきました。

前回の試験でキシラデコールとワンダーを候補として残しましたが、キシラデコールは着色が強いこと、ワンダーはクリア塗装が無いことがネックでした。

そこで、キシラデコールのクリア版である「やすらぎ」を試すことにしました。

やすらぎの特徴として、(1)クリアでも紫外線などの保護ができること、(2)キシラデコールのその他の色を薄めることができること、が上げられます。

個人的にはキシラデコールの着色は強すぎると思っていたので、性能そのままに色を薄めることができるのはとても魅力的です!



結果

ペニー色の比率を変えて塗装試験を行いました。

IMG_8226.jpg
左からクリア100%、ペニー17%、ペニー25%、ペニー50%、ペニー100%です。

*白木ではないので、元々の木の色や部位による染まり易さの違いが大きな差として表れます。一つの参考としてご判断下さい。今回の結果はあくまで、手持ちのチャンフータを使ったもので、他の材では必ず異なります。

全体を見ても分かりにくいですが、ペニー100%だけは濃すぎる感じが分かります。




個別に見てみましょう。

IMG_82<br />14.jpg
クリア100%です。ツヤもなく想像以上に質感良いです。
(後で分かったんですが、クリア100%だと他よりも水シミが残りやすかったです。)

IMG_8213.jpg
クリア5:ペニー1(ペニー17%)ほんのり着色されています。


IMG_8215.jpg
クリア3:ペニー1(ペニー25%)とても良い着色具合です。これくらいをペニー色の標準にすればいいのに。

IMG_8216.jpg
クリア1:ペニー1(ペニー100%)着色感がかなり強いですが、杉などの白木をペニー色にするならこれくらいでも良いと思います。


IMG_8220.jpg
ペニー100%です。強い着色性を示しました。浸透性が良い部位だったことも原因の一つですが、部位によってはこれくらい染まってしまうとも言えます。塗りつぶしほどではありませんが、木目がかなり分かりにくいです。



結論

色味だけで判断すれば木の色を生かせるクリア100%が一番良いと思いました。

ただ、今回は消しきれなかった水シミを目立たせなくする必要があることと、今後できる水シミもできるだけ分かりにくくしたいので、ある程度の着色を選択する必要があります。

これを踏まえて考えると、チャンフータの色合いや木目を保ちつつ、水シミを目立たせなくするペニー色の割合は17-25%の範囲と結論付けました。また、この範囲の塗装なら、ワンダーよりも質感が良いと思い、キシラデコールを採用することに決めました。結局一番ポピュラーな塗料です。


最終的なペニーの割合としては、25%はすこ~し濃いと感じたので、クリア4:ペニー1(ペニー20%)で依頼することにしました。




多くのコメント、励まし、本当にありがとうございました。

実際に塗装をした結果は後日紹介したいと思います!シミが目立たなくなって良い風合いになることを願ってます。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村



家づくりの進捗は、建築家(井上玄さん)のホームページでも紹介されています。
GEN INOUE


スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
実験お疲れ様でした!
先日のコメントにあったキシラデコールのクリアですね!
なるほど、色付きのと混ぜて使うというテもあるのですね~。
さすが雪風さん、ホントに勉強になります…めもめも、っとφ(.. )

我が家も室内の床との色味のつながりがキモになってくるので、
クリアと白を混ぜて使う感じかな…

本当に、お施主さんがこれだけ家のことを一生懸命考えておいでなのを見たら、
大工さんや建築家さんもきっと取り組み方が代わってくると思います!
ひとつの家を作る仲間、共同体?のような…
我が家も常々「施主に良し、建築家に良し、工務店に良し」の
「三方良し」の家づくりであるようにしたいと願っています。

実際の塗装が順調に進みますようにお祈りしております♪
2012/10/18(木) 14:31:39 | URL | ヨメっち #bX5nlD3c[ 編集]
結論が出て、良かったです~^^
比率を変えて実験・・と、さらりと書いていらっしゃいますが、実際やるとなると緻密で大変な作業だったのではないでしょうか・・。
本当に、おつかれさまでした。

きっと間違いないと思います!
よい風合いになりますよう、私も祈っていますね(´∀`*)b
2012/10/19(金) 00:34:21 | URL | りりー #bMn1QehU[ 編集]
綿密で地道な検証作業お疲れ様でした。私ならもう途中で投げ出したくなるところですが、雪風多雨さまの情熱は本当に頭が下がります!
キシラデコールの着色割合も参考にさせていただきたいと思います。感謝いたします
ステキな家が着々と出来上がってきていますね~これからも進捗状況、楽しみに拝見させていただきます
2012/10/19(金) 14:03:42 | URL | けんごろう #-[ 編集]
三方
ヨメっちさん

おはようございます。

参考になれば嬉しいです。今回の木はチャンフータという特殊な材なので、一般的な杉だと色味なども違うと思うので、検討してみてくださいね。杉ならキシラデコール以外の選択肢もあるかもしれません。
ただ結局、売り上げNo1のキシラデコールは性能、用途、価格と「バランス」が良かったですねー。

施主は分かりませんが、工務店、特に職人さんと現場監督さんは施主の我ままに対して本当に頑張ってくれています。実は足場が外れたそうなんです!!近々に外観を紹介できると思いますので、お楽しみにです♪

地盤調査も終わり、ヨメっちさん家の着工ももうすぐですねー。海の眺望が素晴らしいあの敷地にどんな家ができるのか、とても楽しみにしています!
2012/10/20(土) 06:22:56 | URL | 雪風多雨 #-[ 編集]
塗料
りりーさん

とりあえず結論がでて本当に良かったです!ただ、キシラデコールではチャンフータの水シミを完全に防げないんです。現場監督さんが何週間かまだ余裕があると言ってくれたので、実は追加で塗料を探しています(笑)。(懲りてない)塗料メーカーが多いので、誰かお勧めを教えて欲しいです。

こどもの薬に「クラバモックス」とうのがあって、シリンジが付いてくるので、このシリンジを使って正確に計量ができました。難しいのは有機溶媒はポリエチレンを溶かすので、容器を間違うと急に穴が開いたりすることですねー。目安としては「レンジ可」な容器は通常ポリプロピレンなので、短時間なら耐性があります。
2012/10/20(土) 06:32:56 | URL | 雪風多雨 #gg06ppQg[ 編集]
けんごろうさん

ねぎらい、ありがとうございます!

チャンフータは安定性の高い材なんですが、それだけに塗料は染み込みにくくて、塗料の性能が十分に得られず塗料の選定には困りました。

ただ、キシラデコールも完全にはシミの発生を抑えられません。試した結果では通常の2度塗りに1回増やして3回塗装をすると、だいぶシミが抑えられる印象でした。そもそも塗装をするとコストが上がるし難しいところですよねー。

時間的な猶予が少しできたので、実は他にも塗料がないか探しています。
2012/10/20(土) 06:40:11 | URL | 雪風多雨 #gg06ppQg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。