建築家との家作り「駐車場のない家」2011-2012

30代夫婦か紆余曲折のすえ、東京都で建築家と家作り。2012年12月に竣工。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
(過去) 井上玄さんに設計依頼するまで 1始まり
井上玄さんに設計依頼するまで

これまでかなり紆余曲折がありました。
でも振り返ってみると、全てプラスとなって今につながっていると感じます。

土地の見方、相場観がついたし、不動産業界の裏側がかなり分かった。仲介手数をあまりかけずに土地を売買できることも知った。
家に関して言えば、本当に時間をかけて自分たちの好みと向き合えたし、少しずつ見る目を養えた。今は奇抜なプランでも違和感を感じないし、設計者の意図も説明してもらえば理解できる。


①始まり 土地の購入~設計

2009年、子育てをするなら妻の勤務地の近くに住もうと思ったのが家作りの動機だった。最初に土地を買ったのは新越谷駅近くの閑静な住宅街。後から知ったけど、ポラスグループ創業者家の2軒隣。私の勤務地からは遠かった。
今だから言えるけど、不動産屋と土地を探すのは危険。全体予算のバランスを考えてくれないので、土地に予算を使い果たすことになってしまう。

photo_21601.jpg




土地が決まったので依頼先を探しを始めて、たまホームから大手のハウスメーカーまでほとんど全て回った。
住宅展示場も毎週行った。だけど、大手の見積もりは全く予算に合わない。
たまホームは安くて性能もいいけど、営業さんが図面を引いていて、私たちの目指すものとは少し違う(今は全く違う)。

そんな中、妻がインターネットで見つけたのが、ポラスグループの社内ベンチャーから始まったSturdy styleという設計事務所。

プロの設計士にプランを作ってもらって、目から鱗が落ちた。
大手より安いコストで、こんなに豊かな空間を作れることに驚いた。
当時は「もっと普通の間取りでもいいかな」という気持ちもあったけど、とにかく私たちはSturdy Styleと契約して家作りを始めた。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。