建築家との家作り「駐車場のない家」2011-2012

30代夫婦か紆余曲折のすえ、東京都で建築家と家作り。2012年12月に竣工。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
(過去) 井上玄さんに設計依頼するまで2転換点 土地の売却
2転換点 土地の売却

ほぼ毎週、Sturdy Styleの事務所に通い、基本プランを煮詰め、毎週オープンハウスに参加した。4ヶ月かけて詳細設計も終わり、さあ着工という直前の2010年6月に妻の転勤が決まった。

f0319191.jpg






転勤先は都心も都心の水道橋。越谷市に引っ越すと私はおろか、妻も今より遠くなってしまう。2ヶ月悩んだ。でもやっぱり越谷には住めない。子育てを優先させることが家作りの動機だったから。

家を建てないことを決めたが、土地を手放すかことにも抵抗があった。ずっと探してきて本当にいい土地だったから。でも住宅ローンは建物を前提にしており、土地だけの状態で安い金利を維持できないし、すぐに売るしかなかった。それに土地だけ持っていても私たちが前に進めない。


不幸中の幸いは土地が本当にいい物件だったこと。リーマンショックの影響で買い手が半年間見つからず、500万円も値引いて買えた土地だったので、高く売れる可能性もあった。

さあ誰に仲介してもらおう。
まずポラスグループに見積もってもらったところ、「安く売らないと売れない」と言う。高く売っても大丈夫という不動産屋もあったけど、「3%+6万円」は高すぎでしょ!!!(どこも一緒だけど)今でも本当にぼったくりだと思ってる。
でも地域に根ざしているポラスグループなら、きっとすぐに売れるだろう。


そこで色々勉強した。完全個人で売る方法もあるけど、トラブル、手続きが絶対大変。リスクも高い。
インターネットで何十社も見積もりをお願いする中で見つけたのが“売るための営業活動をしない不動産会社”「ハウスネット」だった(表現が間違っていたらごめんなさい)。
いい物件を適正な値段でレインズに乗せれば、宣伝、営業は他社がやってくれるというストラテジーに共感できたし、多くの類似企業の中ではとても親身な対応で、新興企業だけど「人物」が信頼できた。
上乗せ額のアドバイスを頂き、購入時よりだいぶ上乗せして売り出したが、1週間で買主が見つかった。
しかも本当に安い仲介手数料で感謝しています。

ハウスネットのおかげで、予算的にはまったく痛手がなく、新たな計画に動きだすことができた。
といっても一度なえたテンションが回復するには半年を要した。家一件分の労力を使った私たちには休息が必要だった。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Comment
<<この記事へのコメント:>>
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバック URL
<<この記事へのトラックバック:>>
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。